2012年06月06日

櫻井溥「沖縄を語る」(27)

◎沖縄復帰40年特集

第3部 櫻井溥「沖縄を語る」(27)

(ドルショック:そのD)


 また、琉球政府も非常事態のシフトを組んだ。企画局長は7、8人の職員を選び、特命でその業務にあたらせた。その時、「これから行う仕事については、親兄弟にも一切口外してはならない。今日から帰宅することはできない。主席公邸で寝泊まりすることになるが、そのことも含め、家族にも一切知らせるな」という訓示からはじまったという。その時の職員の一人は、その奇妙な体験をのちに小誌にまとめて出版している。

 このマル秘作戦で一番おそれたのは、この措置は沖縄住民だけを対象にしているのに対し、沖縄在住の米軍やその家族から、大量のドルが確認場所に流れはしないか、また米国の通貨に郵便切手を貼る、そんなことになると米国本国からの大きな抵抗があるのではないか、などであった。


 さて、沖縄では先ず立法院が招集された。議題の何たるかを示すこともなく、その日の朝、主席名の広報でこのことが告示される。議場に集まると、金融機関閉鎖令のような立法を直ちに採決せよという。

 アレヨ、アレヨという間に金融機関の全ての店舗がシャッターを下ろす。一方、出勤してきた職員の相当部分は、その日の朝、即県内各地へ出張を命じられる。通貨確認のため、学校、公民館へ何百人もの職員が大移動する。持たされた袋の中には、確認に必要な用紙、糊、切手、朱肉、スタンプ等々。

 しかし、この通貨確認業務は、その日の朝、早々とつまずく。米軍(多分本国と連絡をとったのであろう)から、いやしくも世界各地で流通している米国ドル紙幣に、沖縄の切手を貼る(しかもあらかじめ高性能の糊を用意していた)のは論外、と強い抗議を受け、この案はあっさり撤回された。

 その代り、丸い鉛筆の後ろを使って朱肉で印を付けることにした。これだって難しいことを言えば外国通貨の既存に当たることになるのだが、強引にこれを押し切る。

 さて、問題は貨幣、つまりコインの確認である。コインに切手を貼るわけにはいかず、いわんや朱肉での印なんてすぐ取れてしまう。同じコインを確認場所を変えて何回も何回も確認して「確認書」を作成したら、補償金はいくらあってもたまらない。

 事前の打ち合わせでこのことへの懸念を示した沖縄・北方対策庁調整部長に対し、副主席は「沖縄はそんな悪いことをする人はいない」と言い放ったという。

 ずっと後で、調整部長は「いやあ・・・、あの時は恥ずかしい思いをしたよ」と述懐していた。「天の羽衣」の故事を思い出させる話ではある。

 しかし、世の中はそんなに甘くはなく、やはり中には気の利いたはしっこい者はいるもので、袋に詰めたコインを数回にわたって確認させた強の者は、若干いたようである。


 この朱肉印の米ドルは、復帰まで沖縄で流通していたが、一部は米本国でも見られたという。1ドル、5ドルの朱肉印のドル紙幣を見た米国人は「???」といぶかったかどうか。

 とにかく、円高ドル安の差損問題は、これで一件落着。ここでも山中大臣の指導力は遺憾なく発揮された。そしてその対応に、日銀とも莫大なエネルギーを費やした。「レバ・タラ」ではないが、あのニクソンショックさえなければ、もっと仕事はスムーズに済んだ、との思いは今もある。それほど、苦労の多いことであった。


 このニクソンショックの陰に隠れているが、当時、日米間では重大な取引が行われた。日米繊維摩擦のことである。いわゆる日米貿易摩擦の第1号である。日本の繊維の対米輸出が拡大し、米国の国内業者が音をあげた。輸出を規制してくれというのである。この繊維からやがてカラーテレビ、自動車、半導体そしてフイルムと日米間の貿易摩擦は際限なく続いているが、その嚆矢となったのが「繊維」だったのである。これが解決しないと沖縄返還にも重大な影響が出ることが憂慮された。宮沢通産大臣はこの解決に大いに手をこまねいたが、その後、田中(角栄)通産大臣はあっさりとこれを解決した。米国の言い分は大いに尊重し、あとは国内業者対応で処理したのである。

 新聞は「糸(繊維)売って縄(沖縄)買った」と揶揄したものである。

















posted by ゆがふ沖縄 at 00:08| 沖縄復帰40年特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする