2012年09月14日

復興のシンボル「奇跡の一本松」

■復興のシンボル「奇跡の一本松」

 〜一本松に結ぶ魂が、永年の歴史をつくる〜


テレビのスイッチを入れたら、東日本大震災の大津波に耐え、ただ一本残った岩手県陸前高田市にある「奇跡の一本松」の伐採作業が報道されていた。


 高田松原にあった七万本の松は全て津波で流されたが奇跡的に一本が残ったという。復興のシンボルとして希望を与えてきた。
奇跡の一本松3.jpg

 テレビで地域の方々の感想が放映されていたが、一本松を見ると言葉にならぬ力がみなぎっていると素直な気持ちを述べていた。新しいまなざしがあった。息吹があった。


 一本松は地域にとって絆を取り戻すシンボルとして人と人をつなぎ、人と自然を結んできた。地域はつながりに目覚めていた。遥かなる歴史があった。

 震災の悲しみと痛みを乗り越え、被災地に一条の光を与えていた一本松。残念なことに苦役(塩害)に耐えられず枯れてしまった。

 「奇跡の一本松」は9月12日、保存のため伐採された。一本松はこの後、9分割され、中をくり貫き、「防腐処理」を施-された後、来年2月末、この場所に帰ってくるという。


 今後は県外で防腐処理などを行い、来年2月には元の場所に震災を語り継ぐモニュメントとして復元する計画だという。一本松は、上部の枝や葉は腐食が進み保存が難しいため、神奈川県の工場でプラスチックのレプリカを作成。幹は愛知県の加工場で9分割して内部をくりぬき、京都府の工場で防腐処理が施される。

 現地では12月上旬に松の根を取り除き、献花台を備えたコンクリートの基礎を整備。2013年2月にはカーボン製の心棒を通して現地で松を組み立てるという。(9月13日付・岩手日報電子版)。


 一刻も早く安定した自然・東北の「ふるさと」を取り戻してほしい。困難は力を伴う。困難に堪えて、堪えるものだけが、時を不滅にする。レプリカで再現し、運命の共同体として東北に希望を与えてほしい。人々が大きな苦しみの中にあるとき、一本松は困難を乗り越えてきた「歴史を写す鏡」として過去を想い、未来を考えるシンボルになる。

□ □ □
高橋桂子『千年の風』から
 この本を読むと感動が甦ってくる。かけがえのない「バイブル」である。

ひとすじの道

 目に見える歴史に隠れて

 途切れることのない神秘の奔流


 現実の伝承の奥に
 耐えることのない魂の誠実

 そこに身を委ねるべき
 ひとすじの道がある

 すべては
 この道にめぐりあうためであった

 その日から
 一切が意味あるものとなった

 そのときから
 一切が輝くものとなった

 ※ ※ ※

 東北はまだ道が見えない。弱い地域に人が嫌がる「原発」を押し付けてきた。沖縄には戦後67年、米国の軍事基地を押し付けている。沖縄と福島は共振する。私はこの現実を構造的差別と理解する。

この現実を日本国民はどう感じているだろうか? 途絶えることのない矛盾。構造的差別に対する沈黙。苦しみの「きわみ」の中に沖縄と福島がある。幾重(いくえ)にも通り抜けて、灯火の射す光を求めたい。



posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 千年の風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。