2015年12月31日

■普天間移設問題の増悪(30)

■普天間移設問題の増悪(30)

日米再編協議中間報告の内容を掲げる。
普天間飛行場は大浦湾、キャンプ・シュワブ沿岸部(兵舎地区)に移設。滑走路約1800m。牧港補給地区(キャンプ・キンザー)と那覇軍港は全面返還し、キャンプ・ハンセンかシュワブに移転。

キャンプ瑞慶覧はSACO最終報告に基づいて新設する家族住宅、海軍病院などを除き大半を返還。キャンプ・桑江も一部返還。

嘉手納の常駐機F15や外来機の訓練の一部を本土に巡回移転し、騒音防止協定を遵守する。

キャンプ・コートニーの第三海兵遠征軍司令部をグアムに移転し、瑞慶覧の在沖米海兵隊基地司令部と厚生施設をコートニーに移転。

2005年10月29日、日米安全保障協議中間報告で普天間飛行場の移設先は「大浦湾からキャンプ・シュワブ沿岸部」で正式合意した。沖縄の第三海兵遠征軍((MEF)司令部のグアム移転と約7千人の将兵の県外・国外移転、嘉手納飛行場以南の相当土地の返還も明記。

自衛隊との共同使用もうたっており、政府は県内のすべての米軍専用基地を自衛隊との共同使用する方針。地元への説明を経たうえで日米両政府は2006年3月までに最終報告をまとめる予定。

普天間飛行場については、キャンプ・シュワブ海岸線と大浦湾を結ぶL字型に設置。滑走路部分は両端の余地を含めて長さ1800m。普天間の空中給油機の移設は「鹿屋基地(鹿児島)」を優先して検討。緊急時の非常駐機の離発着は新田原(宮崎)、築城基地(福岡)の米軍の使用を強化する。

在沖海兵隊については、第三海兵遠征軍(MEF)司令部の移転後残りの部隊は再編して海兵機動展開旅団(MEB)に縮小、7千人の将兵と家族は県外移転。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:02| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする