2016年01月29日

■いい年のとり方─9つのヒント

■いい年のとり方─9つのヒント

最近、牧師・ノーマン・V・ピールの本にはまっている。困難をはねのけ、人生の成功を確実に手に入れる「積極的思考法」の最高指導者であり、「人生の師」として世界中の人々から尊敬と支持を得ているからだ。

人生論雑誌「ガイド・ポスト」の編集長だ。ノーマン・V・ピールは、人間向上の知恵を授ける。

堂々と人生を生きる指針の中から年をとらない9つのヒントを紹介する。
@過去を振り向かない
いつまでも過去の思い出に浸っていたら困る。前を向き、これからのことを考え、その可能性に胸を躍らせるほうがいい。

A風とおしのよくない頭にはカビが生える
セメントのようにガチガチに凝り固まってはいけない。世の中は変わり、風習は変わり、考え方も変わる。その変化に対応できる融通性を備えることだ。新しい考え方を吸収した方がいい。

B「できない」と思わずに「できる」と思う
自分には年齢と関係なくまだまだ元気もあるし、気力も充実している。そう思えば、そのとおりになる。

C孤独にならない
孤独というのは、根本的には自分が感じることである。何にでも興味をもって、いつでも一生懸命な人は、孤独を感じる暇はないし、自分を哀れんでいる余裕はない。

D五感を退化させない
年をとったからという理由だけで、五感を退化させてはいけない。感性の生き方は熱意を絶やすなという。

E年齢を考えずに生きる
一生懸命生きればいいんだ。年のことなど考える必要はない。

F人生の看板を降ろしてはいけない
人生の看板を降ろしてしまったら「プラス・フアクター」は徐々に消えてしまう。「自分の出る幕」は自分でつくれと説く。

G自分であることを楽しむ
自分であることに喜びを見だすかぎりは、年をとってもまだまだ何かをはじめられるし、楽しく過ごすこともできる。

Hその日を大切に生きる
一日一日を大切にしよう。日々精いっぱい生きる。「自分にはもう時間がない」という考えは捨てよう。毎日いくらでもチャンスがあることに目を向け、それを最大限活用する。そうすれば自分でも驚くようなことができる。

*****
トルストイはリンカーンのことを「小さなキリスト」といったそうだが、ノーマン・V・ピールは牧師であるが、思想家で人生の指南役として注目されている。
次の言葉が心にしみる。
「人間の一番の義務は幸せを見つけることである」
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする