2016年06月30日

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(46)

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(46)
〜1967年特別国会質疑のポイント〜

■問40 沖縄産パイン缶詰は、将来300万ケースに達すると聞くが、グローバル品の輸入もこれに加えると、その需給上問題が生じないか。またその対策はどうか。

現在我が国に輸入されるパイン缶詰は、約200万ケースであり、そのうち沖縄産は約150万ケースである。

パイン缶詰に対する需要は、主として贈答品として利用されている現状等から見て、そのままでは過去の消費についてみられるような大幅な伸びは期待できないものと思われる。

一方、グローバル品の輸入についても米国はじめとする諸外国からの自由化ないし輸入量の拡大の要請が一段と強まるものと予想される。

従ってこのような情勢に対処しつつ、沖縄パイン産業の安定的発展を図っていくには、需要に即応した生産、出荷の計画化、生産の合理化による価格の低減、品質の向上を図るとともに、本土以外の地域への輸出拡大についても検討することが望ましいと考える。

■問41 沖縄における畜産業の実情はどうか。また、その振興についての如何なる施策を講ずべきか。

沖縄の畜産は、地理的、自然的な制約を受けながらも戦後きわめて順調に復興し、1963年度において農業生産に占める畜産の地位は第2位となり、農業総収入の22%を占めるに至り、特に養豚は沖縄の基幹作目となった。

65年12月末における家畜の飼養頭数は、豚168,083頭、肉用牛18,312頭、鶏121万5,000羽であり、肉用牛を除き戦前の最高水準を超えるに至った。(なお、戦前の最高水準は、豚133,998頭、肉用牛39,453頭、鶏450,000羽である)。

また、豚、肉用牛など畜産物の一部は本土に対しても輸出されている。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:14| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。