2016年12月31日

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(29)

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(29)
〜政治利用の不条理を突く〜

3.国際物流拠点産業集積地域@
急成長するアジアの中心に位置する沖縄にとって地理的優位性を活かすことが可能な国際物流産業は、新たなリーディング産業として大きなポテンシャルを有している。

高付加価値のものづくり企業ペアセンター等の国際物流拠点産業の集積を図ることで、沖縄における産業及び貿易の振興し、民間主導型の自立経済の構築を目指す。

沖縄では、急速に成長する中国、インド、ASEAN等のアジア諸国の中心地に位置する地理的優位性を活かし、国際物流拠点として期待されている。2000年10月に開始された国際貨物ハブ事業では那覇空港の国際貨物取扱量が成田空港、関西空港、羽田空港に次ぐ規模となっている。

沖縄はアジアの中心にある。近隣アジアの成長や活力を取り組むことで、沖縄の産業振興のみならず、我が国全体の経済発展にも波及効果が期待されている。

沖縄の物流環境は、@目覚ましい発展を遂げるアジアと地理的近接性(飛行機で4時間以内の距離にソウル、上海、香港、マニラなどアジアの主要都市がある)、Aアジアおよび国内の各都市を結ぶ那覇空港の国際航空貨物ハブが稼働している、B那覇空港は国内では数少ない24時間空港、C那覇空港滑走路増設事業に着工(2019年度末に供用開始予定─等から有利な条件を備えている。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする