2017年01月30日

権力と「肩たたき」

権力と「肩たたき」
―不正な振付師はいらない〜

1月27日付の沖縄タイムス記事を見て驚いた。幹部に促されて沖縄県病院管理局長・伊江朝次氏が知事あてに退職願を出したという。局長を交代させる県の人事方針が覆った昨年の余(よ)燼(じん)がくすぶっており、県幹部の圧力があったことが報道されていた。

縄張り争いのススメだろうか? 最近の沖縄県庁は摩訶不思議なことが多い。安慶田前副知事が教員採用試験で特定の受験者を合格させる口利きと、教育庁の幹部人事に介入して辞任した直後の出来事である。教員採用試験への政治介入。報道を見ると沖縄県政の危うい技巧と言わざるを得ない。不正の振付師はいらない。

権力の振る舞いは醜い。不毛な権力の行使は批判の対象になりやすい。

組織にとって権力の独占化が進むと、不信感が増幅する。組織では異説を唱えると肩たたきの「お手本」とされる例がある。肩たたきに合うと「孤立無縁」というのは現代官僚の一面かもしれない。

一方、幹部は退職後も天下りを繰り返し、色彩を強めて優雅な人生を歩む。沖縄県の外郭団体の長がその例だろう。権力の縦割り効果である。

国の機関に携わっていた時の話をする。基地受け入れの見返りに基地所在市町村に「島田懇談会事業」が実施された。1千億円の予算が担保された。金武町のキャンプ・ハンセン周辺に街灯が設置されることになった。

沖縄防衛局の職員が「島田懇談会」の委員をキャンプ・ハンセン前の外人相手の「ナイトクラブ」に案内するという話が舞い込んできた。那覇から金武町まで案内のためタクシー券1冊の提供依頼があった。夜の飲酒が目的だ。沖縄防衛局が案内するからタクシー券は沖縄総合事務局で負担してくれという。即刻断った。甘える側の体質を疑った。国民の税金である。後日、このことが幹部に伝わり叱責されたことがある。今の時代には考えられない感覚である。

防衛官僚の処世術に裏技はつきものだろうか? 不信を生む機略もある。おかしいのはおかしいと言わねばならない。行政のテクノクラートは崩れている。

内では見えなかった問題点が外からよく見える。目標なき時代・・・陳腐化した行政(天谷直弘の官僚論)に同感する。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする