2017年03月06日

■沖縄県住宅供給公社「貧乏人」を締め出す

■沖縄県住宅供給公社「貧乏人」を締め出す
 〜県民を愚弄する対応〜

「貧乏退散」・・・沖縄県住宅供給公社が貧乏人を締め出す姿だ。3月1日付の沖縄タイムスが報道した。看過できない事態だ。

「何これ、差別?」 入居申請窓口に「貧乏退散」シール 沖縄県の公営住宅の実態が報じられた。

沖縄タイムス報道によれば、@公営住宅の申請窓口に「貧乏退散」と書かれたシールが貼られていた、A「どん底」シールもあり、指摘されて県住宅公社が謝罪。

摩訶不思議なことに、指摘されて公社側は特別な意図はないと語るが詭弁にすぎない。「貧乏退散」「ドン底」シールは貧困者への差別だ。猛省を求める。

窓口を訪れた市民は「自己責任論や貧困バッシングにつながりかねない」と話す。

貧困者を軽蔑する対応は許されない。3月1日付の沖縄タイムスは、生活困窮者の支援者は「貧困を、自分たちが生きる社会の問題として考えていない証拠だ」と厳しく批判する。

「どん底」「人生強気」と書かれたシールも貼られていたという。

指摘を受けた公社はシールを剥がすとともに、職員や退職者を含む歴代の担当者から聞き取り調査をしたが、住宅部の崎浜秀人部長は「時間が経過し、経緯が確認できなかった」「指摘を受けるまで誰も気付かなかった」と薄っぺらな言葉を飛ばした。

さらに驚いたことは、担当者の次の発言だ。

「駄菓子の景品」であり、「何げなく貼ったと推測され、意図したことはないと考えている」との見解を示したことだ。

言い訳以外の何物でもない。あきれて言葉にならない。

この感覚は一体何だろうか? これが貧困問題に取り組む県の姿だろうか。
 
経済指標を丹念に追えば、子供がいる現役世帯のうち大人が1人世帯の貧困率は54.6%(平成24年度)。母子家庭の年収は155万円、正規雇用の平均年収は209万円で全国最下位だ。生活困窮者は耐え抜く日々を送る。

沖縄タイムス報道を読んでさらに驚いた。住宅供給公社の責任者は「職員や退職者を含む歴代の担当者から聞き取り調査をしたが、時間が経過し、経緯が確認できなかった、指摘を受けるまで誰も気付かなかった」と説明。

「貧乏退散」のシールが張られているが誰も気付かなかった? 県民を愚弄する発言だ。エクスキューズ(言い訳)は許されない。

沖縄の貧困世帯にどう向き合うのか。現実を見ようとしない、「沖縄県住宅供給公社」。もどかしい思いを重ねながらブログを書いている。

貧困世帯にはどうにもできない事情が浮かび上がる。沖縄タイムス報道が目に飛び込んでくる。沖縄県幹部はこの現実をどう見るのだろうか。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:13| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする