2017年03月09日

沖縄予算一括計上の本質I

沖縄予算一括計上の本質I
〜敗戦後の財政援助から沖縄予算へ〜

(1967年度の日政援助)
国の財政援助から5年を迎えた1967年度の日本政府の沖縄援助予算。対前年度2倍強の58億円余の予算が確保された。産業振興、国土開発などだ。分断された日本と沖縄。植物防疫対策費が芽出しする。産業開発資金は5億円。医師派遣経費、精神衛生、結核対策などの社会福祉医療に10億7822万円計上。

公営住宅援助金に9036万円の予算が確保された。沖縄は国策であるハンセン病対策から取り残されていたが1967年度の援助予算は1561万円。分断後20年間、国から見捨てられていた沖縄のハンセン病患者。1965年度財政援助予算で861万円の援助を開始してから3年目の予算であるがわずかに増額。

今、米軍統治下の日本政府の対沖縄財政援助予算をめくると沖縄のハンセン病患者の心情に心を痛める。日本にとって国家とは何か。政治的分断、経済的分断、社会的分断の断層を見る思いだ。この予算は沖縄社会の底辺を照らしているとは思わない。精神病医薬品に821万円の援助予算。フイラリア対策に1080万円。医療保険制度運営費は6000万円だった。

戦後22年を迎えていたが、初めて「沖縄教職員給与」援助予算19億円が計上。教科書無償給与1829万円の予算も計上された。前年度から芽出しした公立学校施設整備に4億5537万円の援助も確定した。学校備品購入に1億2851万円、育英奨学事業として5476万円の援助金が予算化された。

沖縄への技術援助1億859万円も確定した。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:44| 検証・戦後67年の沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする