2017年04月20日

沖縄予算一括計上の本質㊵

沖縄予算一括計上の本質㊵
〜敗戦後の財政援助から沖縄予算へ

一括交付金は経常的経費である「沖縄振興特別推進交付金」と投資的経費である「沖縄振興公共投資交付金」に区分される。「沖縄振興特別推進交付金」は沖縄振興に資するソフト事業が対象で交付率は8/10で予算執行手続きを簡素化し内閣府が交付する。

ソフト事業は、自立、戦略的発展、特殊事情等を対象に観光振興、情報通信産業、農林水産業、産業の振興、雇用の促進、人材育成等の事業に交付される。

「沖縄振興公共投資交付金」は、各府省の地方公共団体向け投資補助金等のうち、沖縄振興に資するハード事業に係る補助金等の一部を一括交付金化し、原則各省に移し替えて執行し、交付率は沖縄振興事業費の高率補助が適用される。
主な対象事業は、@交通安全施設整備、A学校施設環境改善、B水道施設整備、C医療施設整備、D農山漁村地域整備、E農山漁村活性化対策整備、F農業・食品化対策整備、G水産業強化対策整備、社会資本整備─などである。

■一括交付金予算額(補正後)
2012年度:1619億円(当初:1575億円)
2013年度:1639億円(当初:1613億円)
2014年度:1763億円(当初:1759億円)
2015年度:1622億円(当初:1618億円)
2016年度:1619億円(当初:1613億円)
2017年度:1358億円(当初予算)

2017年度一括交付金は前年度当初から255億円減の1358億円と大幅に削減された。2014年度以降、沖縄予算は、基地問題とリンクし毎年減額され、特に自由度の高い一括交付金が切り込まれた。

2016年度特別推進交付金交付決定(県分)は485億円、275事業、市町村分316億円1151事業だった。

公共投資交付金は806.6億円(国費ベース)で主な活用実績は社会資本整備402.3億円、農林水産基盤整備124.9億円、新県立八重山病院の整備26.9億円、水道施設整備・工業用水道施設整備102.3億円、環境改善学校施設(陽明高校、狩俣小学校、真和志幼稚園)59.4億円等であった。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:59| 宮田裕の「沖縄振興論」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする