2017年05月10日

検証・沖縄大使(13)

検証・沖縄大使(13)

(歴代の沖縄大使と沖縄の動向)
■2代大使・野村一成[2] 任命1999年5月11日
在任期間1999年5月11日〜2011年2月23日

環境対策の基本方針は、地域の住民生活および自然環境に著しい影響を及ぼすことのないよう、最大限の努力を行うとある。

代替施設の機能および規模で明らかにしたのは、SACO最終報告における普天間飛行場移設に伴う機能および民間飛行場としての機能の確保を図る中で、安全性や自然環境に配慮した最小限の規模とすると記載されている。

稲嶺沖縄知事、岸本名護市長の普天間飛行場の辺野古移設表明で、新基地建設は具体化していく。政府は県民感情を刺激しないように、環境影響評価を実施するとともに、その影響を最小限にとどめるための適切な対策を講じる方針を示したが、地質調査の対策はなされてなく、ボーリング調査でさんご破壊が指摘され、反対運動に発展していく。

県民を説得するために、必要に応じて、新たな代替環境の積極的醸成に努めることとし、そのために必要な研究機関等の設置に努めると県民に寄り添う姿勢を見せたが、環境関連研究機関は設置されていなく、環境に対する配慮は見られない。

代替施設の使用に関する協定の締結も示された。代替地の安全対策および代替施設から発生する諸問題を講じるため@飛行ルート、A飛行時間の設定、B騒音対策、C飛行機の夜間飛行訓練、廃弾処理等名護市における既存施設・区域の使用に関する対策、Dその他環境問題、E代替施設内への地方公共団体の立入につき地方公共団体の意見が反映したものとなるよう政府は誠意を持って米国政府と協議を行うとあるが、米国政府と協議した形跡はない。沖縄県が立ち会って政府関係当局と名護市との間で協定を締結すると約束したが、実現していない。

このような重要な時期に復帰後2代大使・野村一成氏が着任したが、存在感はほとんどない。様々な立場から沖縄の意見等を聴取したことは見られないし、マスコミでその存在を取り上げられることもなかった。基地問題に沖縄大使がどう向き合ったのか? 沖縄に軋む米軍基地。揺ぎない県民の反対運動は激化していく。時代への対応力を沖縄大使は発揮しているのだろうか? 沖縄大使の姿は見えてこない。形骸化された日本外交の姿が見えてくる。沖縄大使の存在感は失速している。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:26| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする