2017年05月17日

検証・沖縄大使(17)

検証・沖縄大使(17)

(歴代の沖縄大使と沖縄の動向)
■4代大使・沼田貞昭[2]任命2003年1月17日
在任期間2003年1月17日〜2004年12月7日

2004年4月28日、普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境評価手続きを開始(2007年8月7日廃止)。

7月30日、「第13回北部振興協議会」、「第10回移設先及び周辺地域振興協議会」開催。

8月13日、沖縄国際大学構内に在日米軍所属のCH―53Dヘリが墜落。9月12日、ヘリ墜落抗議・普天間返還県民大会へ炎天下のなか3万人結集。県民大会直前の9月9日、日本政府は普天間飛行場代替施設の護岸を設計するための必要なボーリング調査に着手したのだ。

沼田沖縄大使着任後の基地問題の経緯である。

2004年12月1日、沼田大使は離任に当たり、外務省沖縄事務所で記者会見。沖縄への対応力を失った発言に驚愕した。

離任会見で「最後のお願い」を述べ、「米軍が日本を守る使命への理解」を熱っぽく持論を展開したが、職業外交官の体質をさらけ出す始末だ。沖縄認識はゼロに近い。

だれのために「沖縄大使」はいるのか・・・そんな疑問が地元・沖縄で渦巻く。沖縄と政府、米軍との橋渡し役として誕生したが沖縄大使だ。影が薄い。4代目大使の沼田貞昭氏が離任会見で「米軍に抗議より対話を」と発言。稲嶺恵一知事は遺憾の意を表明。

朝日新聞は「何のための沖縄大使」か/存在意義に地元で懐疑の声噴出/離任会見で「米軍抗議より対話」と紙面を飾った。

沖縄タイムスは「沖縄大使は再考の時にきている」、琉球新報は、「誰のため、何のために沖縄に配置されているのか」と社説で指摘、沖縄大使の在り方に疑問符を突き付けた。

沖縄の歴史の無理解、座標軸を見いだせないまま、自己増殖を続けている沖縄大使の残像を見る思いだ。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:19| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする