2017年07月11日

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(31)

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(31)

■終わらぬ戦後処理(3)
〜未処理埋没不発弾2033トンにあと70年〜

復帰後の主な不発弾爆発事故を掲げる。
@1974年3月、那覇市小禄の私立幼稚園横の下水道工事現場で不発弾爆発。4人死亡、34人重軽傷。家屋損壊80戸、車両被害41台

A1975年5月、知念村(現南城市)知念で護岸の上で白煙が噴出し、突然爆発。小学生2人が顔面にやけど。

B1975年9月、伊良部町(現宮古島市)佐良浜で不発弾切断中に爆発。死者1人。

C1976年7月、浦添市内間で不発弾に小中学生が石を投げつけ爆発。4人が重軽傷。

D1978年4月、豊見城村(当時)我那覇で雑木を焼却中に不発弾が爆発。1人けが。

E1978年7月、南風原町新川で原野火災が発生し不発弾が爆発。消防隊員2人けが。

F1984年11月、嘉手納町水釜で不発弾を可燃処理物のドラム缶に投げ入れて爆発。小学生が足に裂傷。

G1987年1月、那覇市長田で旧日本軍砲弾を解体作業中に爆発。1人死亡。

H1989年4月、伊江村東江上で草刈り機が不発弾に触れ爆発。1人死亡。

I1991年12月、糸満市大里で廃材焼却中に爆発。1人けが。

J1995年、宮古島の住宅地で50キロ爆弾が爆発、民家の門柱などを壊した。

K1997年11月、嘉手納町水釜の民家庭先で草刈り中に不発弾が爆発。1人が負傷。

L2001年6月、具志頭村(現八重瀬町)安里の土地改良工事現場で作業員が削岩作業中、地中で爆発して白煙を上げている不発弾を発見。けが人なし

M2001年6月、西原町マリンタウンプロジェクト埋め立て地で整地作業中のブルドーザーが黄りん弾の不発弾を踏み爆発、運転していた男性が頭部に軽傷。同月だけで同じ現場で4件の発火、爆発事故が発生。

N2008年7月、那覇市首里末吉町の工事現場で不発弾らしきものから煙が出ていると110番通報

O2009年1月、糸満市小波蔵で水道工事中に不発弾爆発。2人が重軽傷。糸満市発注の市道「真栄平・名城」線整備に伴う水道管敷設工事の際、重機が約1メートル掘削した地点で爆発。重機運転手は顔面を負傷し重傷。

これが復帰後の主な不発弾爆発事故だ。沖縄不発弾対策協議会は、埋没不発弾等の探査、発掘計画、不発弾等埋設状況の把握、不発弾等爆発被害状況の把握に動き出す。

糸満の事故以降、公共工事実施等における事前調査の義務化(2009年度)、不発弾等事前調査データーベースの構築(2009年度)、不発弾発見後の安全対策のためのライナープレートの無償貸し出し(2009年度)、磁気探査研修(2010年度)、不発弾処理時の安全化対策に係る補助金対象経費の拡大(2011年度)、住宅開発磁気探査支援事業(2012年度)等不発弾対策が強化されたのである。

posted by ゆがふ沖縄 at 01:00| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする