2018年03月01日

■漢字が読めない大臣

■漢字が読めない大臣

2月27日、福井照沖縄・北方相の就任後初めての記者会見。北方領土の色丹島(しこたんとう)の字が読めない。北方担当大臣であるが、所管する色丹島を「しゃこたんとう」と読み間違えるありさまだ。

事務方の指摘を受け、会見の最後に訂正したが、ロシア国民から見れば物笑いであろう。この程度の大臣かと・・・。しかも、件(くだん)の大臣は東大卒である。

沖縄選出で元沖縄・北方相の島尻安伊子氏は国会答弁で「歯舞(はぼまい)」の字が読めず「はぼ、え〜なんだっけ」とみじめな姿がテレビで放映されていた。衛星放送で放映されていた。日本はこれでいいのか。その島尻氏がいまだ福井大臣の特別補佐官を務めている。

大臣になる前に、国語教育の基本から始めなければならないが、大臣の質はそれだけ追い詰められているのだろうか? これで日本は偉大な国家? 外面的な要因より内面的な要因が問われていないか。 精神的な活力の衰え? この体たらくでは領土問題を語る資格はないと思うのだがいかがだろうか。

posted by ゆがふ沖縄 at 17:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする