2018年05月20日

■戦後100年「沖縄の未来像」シンポジウム


■戦後100年「沖縄の未来像」シンポジウム
〜沖縄大学地域研究所「土曜講座」〜

5月19日、沖縄大学アネックス共創館で沖縄の未来像に関するシンポジウムがあった。2045年を展望した「土曜講座」である。

地域と共に生きる「沖縄大学」。その思想は地域に根差している。県内外の識者が登壇。沖縄の未来像について語った。

この企画はすばらしい。100名余の県民が聞き入った。沖縄は成長し続けるだろうか。6次振興計画はあるだろうか。沖縄は自らの力で未来を切り開いていかねばならない。県民は「志」を抱いて、沖縄の未来を築いていかねばならない。

2045年の沖縄はどうなっているだろうか。国も県も「生命力あるビジョン」を描くべきだろう。元琉球大学・故山里将晃教授から聞いた言葉が脳裏に思い浮かぶ。

「過去を知ることで現在を認識し、未来につないでいこう」3次振興計画策定時に山里先生は国の沖縄振興開発審議会委員であったが、出張先の北の大地、札幌でこう語った。

沖縄振興50年後の沖縄。我々は白いキャンパスの前に立ち、絵筆を持ち沖縄の未来像を描こうではないか。
posted by ゆがふ沖縄 at 22:20| 検証・戦後67年の沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする