2018年06月25日

■第26回全琉空手古武道大会

■第26回全琉空手古武道大会
〜「壮大なタイマツ」のように燃える野原さん〜

6月24日、全琉空手古武道選手権大会が沖縄国際大学であった。小学、中学、高校、一般の部で技が競われた。小林流竜球館空手古武道連盟(会長・野原耕栄)主催。

野原会長とは長い付き合い。10年近く政策研究を続けてきた仲間の一人。独特の経歴を有する。琉球大学から米国留学。早稲田大学大学院博士後期課程でスポーツ人類学研究科専攻。元沖縄県庁職員。財政学に詳しい。東京、米国、英国、フランス、ベルギー、インド、スリランカに道場を開設し弟子が存在。世界を駆けまわっている。沖縄県庁では財政課を経て国際交流課長を務めた国際派。『沖縄伝統空手「手」TIYの変容』の著書で有名。この本はすごい。

空手道は琉球王国時代から引き継いできた文化の一つ。子供たちの参加が多かった。空手を通じ、精神力を鍛える。沖縄の奥深い魅力。すばらしい沖縄の文化に触れた。

空手を極めた人生哲学。ネットワークと生き方。「壮大なタイマツ」のように燃えて生きる人生に感動した。
posted by ゆがふ沖縄 at 09:37| 検証・戦後67年の沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする