2017年02月22日

「話クヮッチー」の沖縄振興策

「話クヮッチー」の沖縄振興策
〜USJ沖縄進出の挫折〜

書かねばならない話がある。米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の沖縄進出のことだ。“話クヮッチー”だった。

政治の技巧とはこのことをいう。600億円の設備投資、年間来場者600万人で沖縄を切り拓く・・・。夢をばらまいた。

後でわかったことだが辺野古移設問題に理解を求める官邸主導で進められたオペレーション・マニュアルだった。戦略がなく挫折に終わった。

「美ら島財団」の施設運営をブランド力があるとの理由でUSJに移設するシナリオだった。

経済問題を政治で語る戦略ナビゲーションだ。柔軟性に欠けていた。外国資本の導入に異論はない。国際的に知名度を有するUSJの沖縄進出であればなおさらのことだ。

外国資本のノウハウを埋め込んだ「戦略エンジン」として「コア・バリュー」になり得なかった。

問題はビジネスの現場に、政治が介入したことだ。基地とリンクした政府の意図的な匂いが伝わっていた。島田懇談会事業、北部振興策もそうだった。確かに沖縄振興の枠組みや本質は変化している。振興策に「USJ戦略エンジン」を搭載したがパワフルに動くことなく見果てぬ夢に終わった。

世界的な認知度を誇るUSJの沖縄進出は、沖縄観光のステージを変えると期待された。菅義偉官房長官も強力にテコ入れし、北部地域大型観光拠点調査費1億2千万円の予算を計上したが消化不良を起こした。

辺野古建設に理解を得る手段としてUSJの沖縄進出を描いたシナリオ。沖縄振興の「ツボ」になると経済界は経済効果に期待し過熱したが、USJ側は事業内容等の経営計画を一切明らかにしなかった。

誘致の演じ手(政府)も具体的な事業内容を示すことはなかった。県民を蚊帳の外に置いたポリシーメーキングだったのだ。

USJ誘致は政治主導で進められたが、企業側から見れば収益基準を満たすことができるかどうかが判断材料となる。
沖縄振興で思うことは、経済問題に政治が介入してきたことである。

辺野古移設という不透明、不確実で変化の激しい時代環境の中で基地問題が優先する。そのためには、ビジネスの世界にも政治が介入し、振興策を宣撫する。沖縄振興の根幹となる思考は基地問題ではない。振興策にエクスキューズ(言い訳)は許されない。

われわれは、政治のシグナルとして基地とリンクした振興策を見せられてきた。USJの沖縄進出断念と振興プログラムの挫折。「話クワッチー」だけの切り口から学ばなければならない。

ロジックと共感で経済は変革する。新たな沖縄振興のベクトルを考える機会になったのではないか。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:07| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

■教育がないからこそ、教育のある人間を使え

■教育がないからこそ、教育のある人間を使え
〜自分の天性に目覚める〜

人生を見直す生き方にはいろいろある。教育絶対主義ではないということだ。私の知る限りでは、中学卒の社長が大学卒の人々を使って幅広く事業を展開している人がいる。

兆しを読む能力は教育とは関係ない。失敗、挫折を乗り越え、今では県内の経済界では著名な方である。人脈が人間を一回りも二回りも大きくする。

今から十数年前、沖縄国際大学で「沖縄の経済」を教えていた。還暦を迎えて沖縄国際大学に入学する女性がいた。その方は中学卒だったが大学卒の人間を多く雇っていた。人生の生き方に目覚め経営を長男に譲り、泊高校の夜間で高校卒の資格を取った。回り道をムダと思わず大学で学ぶ姿勢に感動した。自分の天性に目覚めたのである。

最近、人物伝を読む機会が多い。アメリカン・ドリームを実現した人で代表的な事例はデール・カーネギーである。

『D・カーネギー人生のヒント』を読んだ。訳者は高牧駿之介さん。貧乏で医者の手も借りず、助産婦の世話にもならず生まれた。貧乏のどん底からはい上がる。初めて働きに出た時の賃金は自給2セント。巨額の億万長者にのし上がり、鉄鋼王で知られている。

著書によれば、鋼鉄の製造は全く知らなかったという。彼は、それらのことを知っている人間を何百いや何千と雇ってうまく使いこなした成功物語を語る。

『教育のないからこそ教育のある人間を巧みに使いこなせ』名言である。
次の言葉はすごい。『金を残して死ぬのは侮辱だからね』・・・晩年は毎日百万ドルを各方面に寄付し続けていたという。『D・カーネギー人生のヒント』(高牧駿之介訳)

スコットランドの民衆詩人ロバートバーンズの詩はすべて暗読し、シェクスピアの『マクベス』や『ハムレット』それに『リヤ王』も『ロミオとジュリエット』も『ベニスの商人』も全編そらんじていた、という。

人生を見直す絶好の本である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(58)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(58)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

B52の再配備と原子力潜水艦寄港@
■ポラリス型潜水艦の寄港は本土では、核そのものであるから事前協議の対象となり、その場合日本政府は拒否するという見解であるが沖縄の場合はどうか。

(福田外務大臣)
ポラリス型潜水艦に限らず、いやしくも原子兵器を積載した潜水艦は、一切、沖縄といえども本土同様寄せつけない。

■B52の沖縄への駐留、発信は絶対にあり得ないか。

(福田外務大臣)
もしB52が沖縄にまた帰って来て、そこを基地として出撃するような事態があれば政府としては応諾をしないことをはっきり申し上げる。

■沖縄返還後、もしB52が嘉手納に再び舞い戻った場合、事前協議の対象にならぬか。

(外務省吉野アメリカ局長)
B52が沖縄ないし本土の基地に緊急避難とか故障で非常着陸した場合、日本の基地を使うことを妨げない。従ってこれは事前協議の対象とはならないと考えている。

しかし、直接日本の基地から発信してベトナム爆撃に向かう場合には明らかに事前協議の対象となるが、この点については政府として協議があった場合ノーということになっている。

例えば、北爆の後に何らかの理由で沖縄の空港に着陸する場合、一回限りであれば別に事前協議の対象としなくてもいいのではないかと考えている。

■一回限りならば事前協議の対象とならないが、二回以上は対象になるという見解か。

(外務省吉野アメリカ局長)
例えば、北爆後何らかの理由で沖縄に着陸した、しかもそれが一回限りであった場合には、これはすでに戦闘作戦行動が終わってから飛来したのであり、反復して沖縄の基地を戦闘作戦行動に使用するという事態は予想されないので、そのような場合には事前協議の対象にはならないと考えている。

posted by ゆがふ沖縄 at 01:11| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする